2009年07月09日

マジー・スターの歌姫ホープ・サンドヴァル、8年ぶりの新作!マイブラのコルムが参加

 魔性を秘めた歌声が耳に残る、マジー・スター(Mazzy Star)の歌姫ホープ・サンドヴァル(Hope Sandoval)。伝説のサイケデリック・ユニットを彩った才人が、久々の新作を引っ提げてシーンに帰ってきます!
 
 ホープは、ギタリストのデヴィッド・ロバックとともにマジー・スターを1989年に結成。カントリー・ブルース調のメランコリックなフォーク・ロックを基調にサイケの残り香も漂わせた作風が特徴で、『シー・ハングス・ブライトリィ』(90年/写真)、『妖しき夜(So Tonight That I Might See)』(93年)、『アマング・マイ・スワン』(96年)という3枚のオリジナル・アルバムを発表しています。
 
 ホープはユニットでの活動に加え、多くのアーティストとの共演も行なっており、ジーザス&メリー・チェインの「Sometimes Always」やケミカル・ブラザーズの「Asleep From Day」などが有名。またマッシヴ・アタックの次回作に参加していると言われています。
 
  90年後半頃より事実上の活動停止状態にあるマジー・スターに代わり、ホープは現在、“ホープ・サンドヴァル&ザ・ウォーム・インヴェンションズ(Hope Sandoval & The Warm Inventions)”としてソロ活動を行なっており、新作も同名義による作品となります。
 
 アルバム・タイトルは『Through The Devil Softly』で、新作のリリースは前作『バヴァリアン・フルーツ・ブレッド』(2001年)以来、約8年ぶり。その前作に引き続き、マイ・ブラッディ・ヴァレンタインのコルム・オコーサクとの共同プロデュース作品で、両者によって書かれた全11曲が収録されます。声明によればアルバムは“レイドバック、スロウコア・サウンド”になっているとのこと。発売は米Nettwerk Recordsより米国にて9月15日を予定しています。
 
 なお、先行シングルである「Blanchard」の無料ダウンロード配信が発売元Nettwerk Records内にて行なわれています。久々の新作に心弾むアナタなら手に入れてみては?

CD Journal.comニュースより
http://www.cdjournal.com/main/news/news.php?nno=25000

posted by くろびー at 17:17| 埼玉 ☁| Comment(0) | MBV-News(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。